オーディションについて

力試しと経験を積む場所。

モデルをスタートして仕事を始めたら積極的にオーディションに参加しましょう。
オーディションはモデルの仕事につながる糸口になり、
自分自身を売り込む場所です。
モデルオーディションにはいろいろな企画やプロジェクトがあり、
さまざまなタイプのモデルが求められます。
通常、クライアントが求めるタイプのモデルを見つけるために
モデルオーディションは開催されます。

オーディションはまず書類選考から始まります。
写真やこれまでの経歴を重要視されることもあれば、
ルックス,ビジュアルがオーディションのコンセプトに合うか合わないか
で選考されることもあります。
書類選考を通過すると、審査員との面接に進みます。
オーディションの面接に行く時は、モデルとしての「素材感」を出すために
髪や服装はシンプルに、派手な濃いメイクは控え、ナチュラルメイクで挑みます。

合格する人

オーディションで選ばれるタイプには2種類のタイプがあり
現時点で既に完成されていてすぐにでも現場で活躍できそうな
即戦力になる人。
もうひとつのタイプは
今は未完成でも将来性がありモデルとしての潜在能力が高い人で
審査員はモデルとしての可能性を評価します。
事務所に所属する際のオーディションでは将来性も重要視されます。
この手のタイプの人は自分自身の可能性を、
審査員にちゃんと伝わるように努めましょう。
魅力的に見えるにはどうすればいいか、日ごろから常に考えておく必要があります。

個々のオーディションには
そのオーディション独自の特色があり、
クライアントが探している対象になってないとなかなか合格できません。
オトナっぽいOLさん風、ナチュラルな優しい女性、
セクシーでカッコイイ女性など、
モデルの皆さんは求められるイメージに近づけるよう
オーディションの開催日に向けてトレーニングします。

有名なオーディションや大規模なオーディションだとライバルの人たちが大勢参加し、
自信がなくなることもあるかもしれません。
でもみんな気持ちは同じなので堂々と受けてください。
自信を持って積極的に日頃の成果を審査員に披露すれば必ず
審査員の心に届くはずです。