日本に住んでいる外国人ならではの仕事

外国人だからこそ出来るモデル。

日本には沢山の外国人が住んでいるのでモデルになりたい外国人の人もいると思います。
外国人の芸能人やタレントさんもTV等で沢山活躍しています。
外国人のモデルになるためにはどうすればいいのでしょうか。

日本人のモデルと違って外国のモデルさんはまず見た目が大きく異なります。
彫りが深い。
身長が高い。
髪が金髪。
目が青い。
手足が長いなど、日本人には無い個性があります。
この特徴を生かして働けるのが外国人モデルです。

海外のブランドは外国人モデルを起用する。

ヴィトンやディオールなどファッションブランドはよく外国のモデルさんを広告のモデルに採用します。
海外のブランドであることのアピールももちろんありますが、
日本人の海外に憧れる感情に対しての訴求効果も狙っています。
日本の消費者はヨーロッパや北欧の文化に憧れをもっているところがありますので
イギリスやフランスなどヨーロッパ風のルックスをもつ外国人モデルをCMや広告で採用しています。

日本ブランドでも、わざわざ外国人のモデルに着用させて
海外のブランドのように感じさせる企業もあります。
それくらい外国人モデルには特徴的な要素があります。

その他、ユニクロなどの海外展開を考えているブランド等も積極的に外国人モデルを採用しているので、
これから日本の海外進出が進めば、外国人モデルの需要も高まっていきます。

事務所に所属するときはどうすればいいの?

日本に在住している外国人のモデルさんの多くは外国人専門のモデルエージェンシーに所属しています。
外国人の営業に得意なエージェントなので、仕事量も普通の事務所よりも多くなります。
自分がどんな仕事をやりたいのかを考えて、
自分に合った仕事を扱っている事務所なのか、
どんなタイプの外国人モデルが所属しているのかを確かめてオーディションを受けて下さい。