ギャランティーについて

モデルのギャラ、収入の情報

モデルのギャラはピンからキリまで様々で、
その人の実績や実力で決まってきます。
有名な雑誌の専属モデルなどはほとんど
日給や時給ではなく年契約でギャラが決まってきます。
有名になればなるほど
一日あたりのギャラ、撮影一回あたりのギャラも当然上がっていきます。
そこそこ安定してモデルのお仕事が取れるようになれば
大体一日あたり5万円ほどのギャラになります。
ここから事務所が30%ほど手数料を引きます。
営業や所属モデルのプロモートに積極的に人件費やコストをかける事務所の場合
報酬の50%ほどを事務所側に取られることもありますが
その分仕事が多く入ればモデルに入る収入も増えるので問題ありません。

モデルのギャラは仕事の規模や広告媒体の種類、モデルの質によって
千差万別なので一概にはっきりとした基準はありませんが
クライアントから信頼されて継続的に仕事が回ってくるようになれば
企業で働くOLさんよりも一つ二つ上のお給料をもらうことも可能です。

晴れてモデル事務所に入り、モデル業をスタートしても
いきなり仕事がバンバン入ってくるわけではありません。
モデル駆け出しのころはもらえるギャラも少なく
アルバイト生活をすることも珍しくありません。

完成されたモデルならすぐに仕事が入るでしょうが
殆どの場合、月に1度も仕事をしないことがあります。

仕事があっても自分の希望する仕事ではないことも多々あります。
小さい仕事やギャラがほどんど出ないことも。
面倒な仕事、時給に換算したらバイト以下の仕事などなど。
心が折れそうにならないように、強い気持ちが必要です。

経験を積むためや、プロモーションのため、無休で働くことも珍しくありません。
しかし小さな仕事を確実にこなしていくことが
実績、経験になりモデルの仕事を確立していく上でとても重要なステップとなります。

ちいさな広告の仕事などでもきちんと全力を出して
モデルとして着実な仕事を積み重ねていくことが
将来に対して種をまくことになり、
後々の高額の仕事につながっていきます。
いきなり割のいい仕事を望んだり、
時給の高い仕事を選り好みしていると
実績を積むせっかくのチャンスを逃してしまうので
コツコツと確実にモデルのステップを進んでいくのがキャリアアップの王道です。