モデルの種類

仕事の分野で異なる仕事

モデルも仕事は大小様々な分野の仕事が存在します。
種類によって求人に差が出たり
仕事を受けれる難易度もピンキリです。
モデルの仕事は大きく分けると3種類のタイプがあります。

  • コマーシャルモデル
  • 写真や映像で商品をより魅力的に表現する仕事。
    雑誌モデル・テレビCFモデル・カタログモデル・ポスターモデル・
    パンフレットモデル・チラシや広告のモデル等。
    モデルが行う仕事で一番多い仕事がこのタイプです。
    幅広い企業やメーカーから求人があるため
    モデルとしてスキルアップ

  • ショーモデル
  • 実際に催しの現場に出て商品を表現したり、
    解説したり、 イベントを盛り上げる仕事 。
    コレクションモデル・ブライダルショーモデル・ヘアショーモデル・
    イベントコンパニオン・レースクイーン・キャンペーンガール・イメージガールなど。
    パリコレなどのファッションショーに出るモデルは
    ウォーキングの技術や高い身長が求められるなど
    モデルのなかでもとても難易度の高い分野になります。

  • パーツモデル
  • 体の部分箇所ごとの専門モデル。
    手タレ・足タレなど。
    体の一部分しか写らないなど
    一見誰にでも出来そうですが
    実際は極めて高い専門性を求められます。
    怪我や肌荒れなどになると仕事にならないので
    生活にとても気を使う職種です。

その他にも雑誌などの一般読者を対象にした読者モデルや
絵画モデル、ポートレート写真の勉強会や撮影会に出る撮影モデルなど多種多様な仕事があります。