仕事の実績

モデルの仕事は実績が重要

モデルの仕事は、初めから沢山あるわけではありません。
事務所から送られてくる日々のオーディションを受けて
小さな仕事からコツコツ実績を築き上げていかなければなりません。
相当な実力や素質がない限り、
いきなり大きなショーに出たり、テレビのCMや
雑誌のモデルになれるわけではありません。

ギャラが低い、地味で小さい仕事だからといって断っていては
モデルとしての経験値を得るチャンスを逃してしまいます。
さまざまな仕事から経験を積んでいき、
モデルのノウハウを蓄積して、
徐々に仕事の幅を増やしていきます。

無事に仕事をこなしていけば履歴書にも仕事の内容が沢山載るようになり、
オーディションの審査員の心証も良くなります。
小さな仕事の積み重ねが次の仕事につながり、
やがて中規模の仕事が回ってくるようになり、
最終的には沢山の人目に触れるような大きな仕事につながります。

小さな仕事が大きな仕事を運んでくる。
小さな仕事も嫌がらずにやる事が大事です。
モデルの最初の仕事はとてもつまらないことかもしれません。
でもそのつまらない小さな仕事が次の仕事につながります。
最初の小さな仕事をきっちりやりとげなければ、次の仕事はやって来ません。
実績が信頼を生み、次の仕事を自分のところに運んできてくれるのです。

重要なのはどの仕事にも手を抜かず、
一生懸命に自分を表現することです。
仕事の数だけ、個性が磨かれ、
経験を積んだ分、キャラクターも輝いていきます。

いざ大きな仕事が来たときに、オロオロしないためにも
生の現場を体験し、多くの場数を踏んで
モデルとして着実に経験を積んでいきましょう。