身長について

モデルの身長はどれくらい必要なのか

モデルの身長は高くて当たり前というのが今までの常識でした。
モデルといえば170cmから180cmのモデルが主でした。
基本的に身長が高ければプロポーションも良く見え
体のパーツのバランスが良く見えます。
8頭身くらいあれば道行く人にスタイルが良いと思われるでしょう。

しかし、今では170cm以下のモデルや150cm台の
小柄な モデルも珍しくなくなってきました。
高身長でスリムな体型はみんなの憧れの存在でしたが、
身近で自分でも目指すことができるようなモデルにも
みんなの注目が集まるようになって来ました。
読者モデルの隆盛がその象徴です。
個性を重要視する時代になってきたのです。

モデルになりたいけど身長が足りないからとあきらめることはありません。
「身長はあれば有利」くらいに思っておきましょう。
なくても他で勝負すればいいのです。
普通の身長の子がモデルになっている雑誌は今や普通に売っていますし、
小柄な人向けのお店もあります。
ショーモデルなどは別ですが、
身長はモデルにとってそれほど気にする要素ではなくなってきています。

これからは、
今の空気を感じさせるモデルや、
時代を引っ張っていくような強烈な個性を持ったモデルがより重要視され、
たくさん起用されていくでしょう。